貯水タンクの構造

トイレのつまりは出水量とも関係があります。トイレの出水量は便器に添え付けの貯水タンクの中で調節しています。近頃はタンクのない便器も普及していますが、一般的なタンク付きの便器で構造をみていきます。手洗い付きだとふたをあげて中をのぞくのは難しいのですが、手洗い付きでないものは簡単にふたを開けて中をのぞく事ができますから、上からのぞいてみてください。

若干見えにくいのですががんばって観察してみると、片面から伸びている止水栓の先にボトルのような金具がついているのがわかります。下にまでずっと伸びているパイプと接続されており最後は便器と接続されています。途中に卵形の物体がついていますが、これは浮球です。ハンドルを回して給水操作をすると浮き球が下がり出水が少しずつ止まってくると再び上がってきます。この動きに合わせて流水を始めたり止めたりします。ポールタップと呼んでいます。

何らかの理由でポールタップが故障した場合、浮き球に接続されているオーバーフロー管が補助的に動作するしくみになっており、ここから便器へ水が流れるようになっています。もう一つ便器に水をながす装置があってフロートバルブと呼ばれています。フロートバルブはハンドルと連動して流水量の調節をします。トイレはいくつもの重要な部品のそれぞれの動作によって機能しているのです

水量は汚物を流すための適量が維持できるように設計されていますから、ペットボトルなどで人工的な節水操作をすると、とたんに不具合を引き起こします。したがって人工的な節水方法としては推奨されません。

トイレの構造とつまり

なぜトイレのつまりは発生ししてしまうのかと言いますと、直接の原因は人間が様々なものを落としてしまうからであり、正しい使い方をしていないからに他なりませんが、元々のトイレの構造が詰まりやすさを起こしてしまいがちなものになっている事も原因の1つです。ある意味優れた構造なのですが一方でつまりやすくさせてしまうという困った事を引き起こしてしまいます。一方をたてればこっちが立たずで完璧な形を追求するのは極めて困難です。

トイレの構造というより正確には配水管の構造というべきでしょう。配水管は地面の下に埋められていますから実際には見る事ができませんが、同じ構造をキッチンに流しの下にある排水パイプで見る事ができますから、流しの下にある戸棚を開けてしっかり観察してみてください。パイプはS字型に曲がっているはずです。直線ではないのです。この構造ですと水を流した時にS字型に曲がった曲面に流しきれない水がたまっている状態になってしまいます。悪臭を放つ便器便器の中には常に水がたまっていますし、トイレの穴の先すなわち便座付近にも通路ができていて、ここをせきと呼びますがその先、便器の底部分にも水が貯まる水路が出てきています。ですから便器は見た目よりもかなり複雑な形になっているのですが、排水路に汚物と一緒に水が落ちていく間に少なくとも2箇所で水が貯まっている事になります。これがあるゆえにトイレ独特の臭気が上がってきませんし、汚物が付着する事なくスムーズに流れてくれているのです。

トイレのつまりの基礎

トイレットペーパートイレのつまりは地盤沈下による特殊な事情以外は、おおよそが異物をトイレに落としてしまい、そのまま流してしまった場合がほとんどです。トイレットペーパーを大量に流してしまったとか、ペットの糞を流したとかいう程度なら時間と共に自然に溶けて流れていくでしょうが、放置すると逆につまりをひどくさせてしまい、最悪水漏れや便器を外しての配水管工事を余儀なくされてしまう事もありますから注意が必要です。特に賃貸アパート・マンションに住まいの場合は自分だけの問題でなくなります。

ラバーカップ重曹などを使っ解決方法もありますが、ごく軽いつまりには有効であってもオムツを流したとか、消臭剤のふたを流したとかいった場合には特殊な道具を用いないと難しい場合が多く、業者に依頼した方が無難です。そうなると1000円や2000円ですむ話にはなくなってきてしまうのですが、おおよそ一世帯でたった1つしかないトイレのつまり解決は日常生活に大きな影響を与える部分であり、重要ですから腹に背は変えられません。

特に近頃はやりの節水トイレにいたっても使い方に注意しないと、すぐつまりますから正しい方法での使用が大切になってきます。しかしながらどうしてこうもトイレはつまりやすいのかと言いますと、長年の研究結果に基づいて作られてきたトイレそのものの構造というものが大きく要因しているのですが、これはある面では優れた機能なのですが、人間の使い方の努力を要求されてしまうのはなんとも皮肉ですが、しかたありません。