トイレのつまりの基礎

トイレットペーパートイレのつまりは地盤沈下による特殊な事情以外は、おおよそが異物をトイレに落としてしまい、そのまま流してしまった場合がほとんどです。トイレットペーパーを大量に流してしまったとか、ペットの糞を流したとかいう程度なら時間と共に自然に溶けて流れていくでしょうが、放置すると逆につまりをひどくさせてしまい、最悪水漏れや便器を外しての配水管工事を余儀なくされてしまう事もありますから注意が必要です。特に賃貸アパート・マンションに住まいの場合は自分だけの問題でなくなります。

ラバーカップ重曹などを使っ解決方法もありますが、ごく軽いつまりには有効であってもオムツを流したとか、消臭剤のふたを流したとかいった場合には特殊な道具を用いないと難しい場合が多く、業者に依頼した方が無難です。そうなると1000円や2000円ですむ話にはなくなってきてしまうのですが、おおよそ一世帯でたった1つしかないトイレのつまり解決は日常生活に大きな影響を与える部分であり、重要ですから腹に背は変えられません。

特に近頃はやりの節水トイレにいたっても使い方に注意しないと、すぐつまりますから正しい方法での使用が大切になってきます。しかしながらどうしてこうもトイレはつまりやすいのかと言いますと、長年の研究結果に基づいて作られてきたトイレそのものの構造というものが大きく要因しているのですが、これはある面では優れた機能なのですが、人間の使い方の努力を要求されてしまうのはなんとも皮肉ですが、しかたありません。