トイレの構造とつまり

なぜトイレのつまりは発生ししてしまうのかと言いますと、直接の原因は人間が様々なものを落としてしまうからであり、正しい使い方をしていないからに他なりませんが、元々のトイレの構造が詰まりやすさを起こしてしまいがちなものになっている事も原因の1つです。ある意味優れた構造なのですが一方でつまりやすくさせてしまうという困った事を引き起こしてしまいます。一方をたてればこっちが立たずで完璧な形を追求するのは極めて困難です。

トイレの構造というより正確には配水管の構造というべきでしょう。配水管は地面の下に埋められていますから実際には見る事ができませんが、同じ構造をキッチンに流しの下にある排水パイプで見る事ができますから、流しの下にある戸棚を開けてしっかり観察してみてください。パイプはS字型に曲がっているはずです。直線ではないのです。この構造ですと水を流した時にS字型に曲がった曲面に流しきれない水がたまっている状態になってしまいます。悪臭を放つ便器便器の中には常に水がたまっていますし、トイレの穴の先すなわち便座付近にも通路ができていて、ここをせきと呼びますがその先、便器の底部分にも水が貯まる水路が出てきています。ですから便器は見た目よりもかなり複雑な形になっているのですが、排水路に汚物と一緒に水が落ちていく間に少なくとも2箇所で水が貯まっている事になります。これがあるゆえにトイレ独特の臭気が上がってきませんし、汚物が付着する事なくスムーズに流れてくれているのです。