貯水タンクの構造

トイレのつまりは出水量とも関係があります。トイレの出水量は便器に添え付けの貯水タンクの中で調節しています。近頃はタンクのない便器も普及していますが、一般的なタンク付きの便器で構造をみていきます。手洗い付きだとふたをあげて中をのぞくのは難しいのですが、手洗い付きでないものは簡単にふたを開けて中をのぞく事ができますから、上からのぞいてみてください。

若干見えにくいのですががんばって観察してみると、片面から伸びている止水栓の先にボトルのような金具がついているのがわかります。下にまでずっと伸びているパイプと接続されており最後は便器と接続されています。途中に卵形の物体がついていますが、これは浮球です。ハンドルを回して給水操作をすると浮き球が下がり出水が少しずつ止まってくると再び上がってきます。この動きに合わせて流水を始めたり止めたりします。ポールタップと呼んでいます。

何らかの理由でポールタップが故障した場合、浮き球に接続されているオーバーフロー管が補助的に動作するしくみになっており、ここから便器へ水が流れるようになっています。もう一つ便器に水をながす装置があってフロートバルブと呼ばれています。フロートバルブはハンドルと連動して流水量の調節をします。トイレはいくつもの重要な部品のそれぞれの動作によって機能しているのです

水量は汚物を流すための適量が維持できるように設計されていますから、ペットボトルなどで人工的な節水操作をすると、とたんに不具合を引き起こします。したがって人工的な節水方法としては推奨されません。